変形性膝関節症に悩む男性(イメージ図)


河内松原駅から徒歩3分 パーソナルトレーニングジム
階段を下りる時に膝痛を感じる女性(イメージ図)ひ
椅子からの立ち上げり時に膝痛を感じる男性(イメージ図)
膝痛の女性をケアするパーソナルトレーニングジム|大阪市・松原市・堺市
変形性膝関節症にお悩みの方

膝痛の痛み緩和・予防・改善を

✉:progressprivate2022@gmail.com

  • Instagram
  • HomePage
  • Line@

CHECK!

変形性膝関節症によって膝に痛みが出る原因

変形性膝関節症とは、関節のクッションである軟骨が加齢や筋肉量の低下などによってすり減り、痛みが生じる病気です。軟骨がすり減った分、膝関節の骨と骨にすき間が狭くなり、骨のへりにトゲのような突起物ができたり、骨が変形したりします。また、関節をおおっている関節包(かんせつほう)と呼ばれる繊維膜の内側に炎症が生じることもあります。その時に液体が分泌されて、膝が盛り上がっている状態のことを「膝に水がたまっている」
と言います。

お気軽にお電話でご連絡ください

営業時間:月~土:10:00 ~ 22:00

     日・祝:10:00 ~ 19:00

※第2月曜日・第4水曜日定休日

営業時間:


sample-02

何故、ストレッチやトレーニングが必要なのか?

変形性膝関節症による膝痛の解消・予防

 

何故、ストレッチやトレーニングが必要なのか?

変形性膝関節症による膝痛の解消・予防

変形性膝関節症による膝の痛み・違和感などを軽減するために必要なことはストレッチとトレーニングを実施がとても大切です。


なぜなら、筋肉には、外部からの衝撃を守る(歩いた際・走った衝撃を吸収する)役割があるためです。


ストレッチを怠ってしまうと筋肉の柔軟性が乏しくなり、可動域が狭くなります。その為、思うような動きが出来ず※1代償動作(だいしょうどうさ)で身体を無理に動かしてしまい痛みが増幅してしまう場合もあります。


トレーニングを怠ってしますと筋肉が衰え、強い衝撃や負荷が加わった場合に支えきれず、骨や関節を守れずに痛みが増幅しやすくなります。


ストレッチとトレーニングを両方することで、筋肉に緩みがうまれ、強い衝撃や負荷から守れます。また手術などを回避・遅らせることも出来ます。

(※個人差はあります)


当ジムでは、膝痛で困って方に対して、どのようにストレッチやトレーニングをすればいいのか、どれぐらいの負荷をかければいいのかなどの疑問や気になる点などをお答えします。


皆さまが安心してトレーニングに打ち込めるように、AI姿勢評価なども用いて身体の状態細かくチェックし、そのデーター・科学的根拠やトレーナーのリハビリ経験に基づきサポートいたします。


※1代償動作・・・

本来の動作や運動を行うのに必要な機能以外の機能で補って動作や運動行うこと

変形性膝関節症による膝痛の解消・予防

変形性膝関節症や膝痛で悩む方でも安心して通える理由


建築事務所3
建築事務所8
 

変形性膝関節症や膝痛で悩む方でも安心して通える理由


当パーソナルジムの変形性膝関節症の術後リハビリへの対応経験あるトレーナーや、保存治療を選択していただいた方に対しての運動指導や動作改善へのサポート経験のあるトレーナーがニーズや目標に向かってサポートします。


また、一人一人に合ったオーダーメイドのトレーニングメニューでサポートいたしますので、変形性膝関節症により膝痛があって悩みがある方・不安がある方でも安心して通えるパーソナルトレーニングジムになっております。


気になる方は、お気軽にお問い合わせや施設見学にお越しください!

ネット割

オーダーメイドでのトレーニング


60分
2,000
円(税込)
33,000
円(税込)
 16,500
円(税込)
ニーズに沿ったトレーニングメニュを提供!
Contact

お問い合わせ

関連記事

RELATED